check data for php
HTML
TOP>最新ランジェリートレンド>クールビズ・ウォームビズは下着から
こんな下着もあります





クールビズ・ウォームビズは下着から
2020秋冬シーズンの肌着
ボディに欠かせない定番アイテム

2020秋冬
NBFおすすめビズ
武田尚子(たけだ なおこ)
ジャーナリスト。ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。 ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。 世界のインナーウエアトレンドの発信拠点「パリ国際ランジェリー展」の取材を1987年から始め、 年2回の定期的な海外取材は30年に及ぶ。




長引くコロナ禍の中で、皆さんそれぞれボディケアに気を配っていらっしゃることと思います。
快適な生活を様々な面からサポートしてくれるのがボディファッション。2020秋冬物は、ほとんどのメーカーが以前のような展示会での新製品発表ではなく、オンラインも含めた個別の内見会が中心という異例のシーズンとなりました。
今年の冬もおそらく家で過ごす時間が長くなるはずですが、肌と直に触れ合う肌着(ニットインナー)について改めて見直してみませんか。

オーガニックコットンが台頭
コットン、コットンシルク、シルクフライスと、肌着は引き続き天然素材志向が続いています。
暖冬を想定している側面も含めて、年間着用できるシーズンレスの定番に力を入れているメーカーも少なくありません。
定番といっても、細部を改良したマイナーチェンジやサイズの充実が進んでいます。
コットンは、綿100%でもあたたかなもの、吸湿発熱機能がありながらも肌側は綿100%にしたものなど、冬に向く機能性も加味されています。
今回、際立った変化といえるのは、サスティナビリティ(持続可能性)を意識したオーガニックコットン混紡に力が入れられていることでしょう。
綿の贅沢感をあじわうベーシックなタイプから、便利なカップ付きアイテムのバリエーションまで、オーガニックコットンの肌着が手頃な価格帯で登場しています。

やさしい肌ざわりと肌当たり
天然素材や防寒機能と並び、肌着に求められている要素として、ますます大事になっているのが、肌ざわりの良さ、やさしさです。商品説明の中でも、ふんわり、ふわふわ、あったか、ホッと…といった表現が目につきます
これは肌着に限らず、例えば家で過ごす時の服もそうですが、外だけを向いて活動している時とは違って、自分の肌感覚に正直になっているのかもしれません。
また、肌当たりという面では、縫い目を省いたものもすっかり浸透してきました。アウターにひびきにくいという利点はもちろんのこと、敏感肌の人にもやさしい仕様になっています。
やさしく肌をつつんでくれる肌着を見つけて、からだも心もあたたかく、この秋冬シーズンをハッピーに過ごしましょう。


 
Copyright © 2011-2012 NBF All rights REserved.