HTML
TOP>最新ランジェリートレンド>クールビズ・ウォームビズは下着から
こんな下着もあります





クールビズ・ウォームビズは下着から
2017春夏の肌着の傾向 
猛暑にも負けない快適インナー

2017春夏
NBFおすすめビズ
武田尚子(たけだ なおこ)
ジャーナリスト。ボディファッション業界専門誌記者を経て、1988年にフリーランスとして独立。 ファッション・ライフスタイルのトータルな視野の中で、インナーウエアの国内外の動向を見続けている。 世界のインナーウエアトレンドの発信拠点「パリ国際ランジェリー展」の取材を1987年から始め、 年2回の定期的な海外取材は30年に及ぶ。

 昨年に引き続き、猛暑が予想されている今年の夏をさわやかに過ごすために、改めて肌着の存在を見直してみましょう。

気になる汗のニオイ対策
 夏の肌着になくてはならない機能性といえば、吸汗速乾や接触冷感がおなじみですね。それに加えて、今年、特にフォーカスされているポイントといえば“ニオイ”です。気になる汗の臭いを消すデオドランド効果、臭いの元になるバクテリアの増殖を抑える加工が使われているものなどが強化されています。脇の汗取りパッドも欠かせません。

 肌触りのいいナチュラルな天然素材志向は継続しながら、通気性があって見た目にも涼しげなメッシュ素材の人気も続いています。

 また、薄着の季節に重宝するのが、表にひびくにくいフリーカット。これはレディスでもメンズにおいてもすっかり定着し、素材のバリエーションも拡大しています。インナーウエアは限りなく軽さを追求する方向へと進んでいますが、生地の端を断ちっぱなしにしたシームレスの手法も確実に“軽さ”を助けています。

化粧品インナーにも注目
 また、ボディファッション全体を通し、《スポーツ》《シニア》《メディカル》《コスメ》といったテーマがクローズアップされていますが、それは肌着というカテゴリーにおいても共通のキーワードとなっています。

 近年の大きなうねりであるスポーツトレンドは、機能性や快適性の面からもボディファッション全体に影響を及ぼし、またフェミニンとスポーツの融合といったデザインのトレンドも見られます。

 最近、注目を集めているのが《コスメ》。スキンカラーのバリエーションを見せる店頭での売り方をはじめ、実際に肌着の素材に美容成分を配合した機能肌着も登場しています。

 特に、大人の女性の乾燥肌の悩みに対応し、化粧品に使用されているリンゴ酸を使用して、化粧品としてパッケージ販売するものが登場しています。入浴後のナイトウエアのインナーとして、また汗をかきやすいシーズンや体を動かす場面に最適というもので、着るだけで美肌を整える新発想というわけです。

 これは春夏シーズンに限らない年間商品として打ち出されているように、肌着というカテゴリーも従来の季節ごとのニーズに対応したものより、年間ニーズのある継続定番商品の比重が上がっているのが昨今の傾向です。年間通して汗やムレが気になる人は、いつでも夏用の肌着を愛用ください。

 
Copyright © 2011-2012 NBF All rights REserved.